「週刊文春」テレ東音声流出犯人誰?Twitterアカウント名特定!生々しい音声に驚愕

テレビ東京に所属している森香澄アナ、池谷美悠アナの会話音声が何者かによりTwitter上で流出し話題になっています。流出させた犯人は匿名で投稿しており、文春にも取り上げられました。

テレ東音声流出がこちら

事件が起きたのは9月2日、東京テレビの女子アナウンサーが会話をしている音声が特定Twitterアカウントで流出しました。投稿内容には女子アナウンサーの本性などと書かれており、恨みの犯行?にも考えられます。


全部で10個の音声が特定Twitterで流出しています。その音声には生々しい女子アナの会話が録音されており、一体誰が犯人なのでしょうか。

I「池谷」

M「森」

要約 I「アナウンス部で最初ハルヒさんと話しててめっちゃ怖くて、競輪見たよって。何話せばいいかわかんなくて、こわって思って。その時アナウンス部にニシノさんとハルヒさんしかいなくて、いづれーと思って、気まずいからお菓子食ってたの(笑)そしたらニシノさんが来て「大丈夫?」って。

タナカとモリはダンスとかモヤさまで出てて、イケタニは大丈夫?って超励まされた(笑)」 M「いやアナタとは違うからって感じじゃない?(笑)スミさんフクダさんニシノさんで気持ちわかるよって来たんでしょ?いやアナタとは違うから、一緒にすんなって(笑)」 I「私会社で初めて泣いたの(笑)」

M「てか自分と重ねてんじゃない?フクダさんスミさんニシノさん一応同期じゃん?スミさんおっぱいで出ててフクダさんモヤさまだから、ニシノさん自分と重ねてんでしょ。でも全然違うから。だってニシノさん暗いじゃん。」

 

要約 M「今日超汚いスタッフさんとご飯だわ。」

I「超汚い?」

M「私の中でめっちゃ汚いなって思ってるスタッフさんと」

I「超ヤじゃん(笑)」

M「しかも滋賀県草津市。なに?滋賀県草津市って。草津は群馬だけじゃねーのかよ」

 

I「てかマジあいつさー。終わったくない?マジで終わったくない?と思ってる私は。暗黒期だから(笑)」

I「終わったよね?だってあいつアナウンサーの仕事舐めてるじゃん。え、何であの人なの?マジでわかんない」

M「編成局専任なんちゃらみたいな」

I「あいつアナウンサーの仕事舐め腐ってんじゃん」

 

M「てかフクモトさんめっちゃ怖かった。アナウンサーは制作だから。タレントじゃないし自分の話しなくていいからみたいな。いやいやハンダさんめっちゃタレントだったからって思ったんだけど」

I「お前の感情押し付けんじゃねーよ」

M「めっちゃ毛深いし超怖かったー。途中からサルに見えてきた(笑)」

 

M「青春高校の絶対間に合わない。なんかニシザキさんに、青春高校の子に振り入れしてもらうって言われて、5人の予定会う日教えてくださいって言われたから送ったのね。で、送ったら4日くらい返信こない」

I「あの人ほんと使えないよね。あの人マジで使えないわ」

 

M「ドレミはあー踊れてたの?みたいな簡単な振りだからアンビバレントがいいんだよね一番。練習した感が出るじゃん?」

I「乃木坂は元から好きで見てたら踊れましたみたいになる」

M「てかめっちゃハード。こっちはそれだけやってる訳じゃないから」

I「あの子たちは毎日踊ってるだけだからいいけど」

 

I「イタガキさん怖いからなーめっちゃビビり散らしてる」

M「しばらく新しい人入らないっぽいよ。ずっとイタガキさんだって。部長に聞いたけど。まじかーって思って」

I「急に怒るんだよねあの人。だからめっちゃキラキラした目で聞くようにしてる。へー!そうなんですか!知らなかったぁ!って(笑)」

 

M「なんかピンチヒッターで来るのがシマダさんとかヤナイさんらしい」

I「ヤナイさんもめっちゃ怖いんだよな。ハラダさんとか入ってきてくれたらいいのに」

M「入らないらしいよ。元々やりたかったけどマスダさんいるから入れなくて、別にって言っちゃったから今更競馬やるって訳にはいかないらしい」

この生々しい暴言音声についてテレビ東京は認めています。おそらくアナウンス室内で盗聴された音声だと思われます。

匿名Twitterアカウントは9月7日を最後に更新がストップしており、プロフィールには「テレビ●●●の若手女性アナウンサーMとIの本性とは・・・」といった文章が書かれており、明らかに若手女性アナを狙うために作られたアカウントであることがはっきりとわかります。

アカウント名「@e2hxy4qVNmeSgHr」

音声流出犯人は鷲見か?

音声流出事件で文春にも取り上げられていますが、ウワサでは鷲見アナが音声を流出させているのではないかといった話が回っているようです。

しかし現在、鷲見アナは東京テレビを辞めているため当然アナウンス室には入れなく、盗聴も難しいです。一体誰なのか、真犯人はまだ不明のままです。

そして、裏では女子アナの密かな戦いが繰り広げられていました。

戦いが始まったのは2016年、女子アナの世界も厳しく仕事がなければすぐに別部署に異動させられます。そこで、女子アナ同士の対立が激化していると文春で明かされていました。