ひなちょす(鷹野日南)の死因の飛び降りはデマ?誹謗中傷が原因か

アイドルグループ「KISSBEE」の初代リーダーだったひなちょす(鷹野日南)さんが突然の訃報を報じました。

享年20歳と若く、ファン以外のユーザーからも衝撃が走っています。

事務所からは現在死因は公表されていませんが、一体なぜどのような死因で亡くなったのでしょうか?

ひなちょす(鷹野日南)が死去

7月13日午後6時、アイドルグループ「KissBee」初代リーダーである鷹野日南の突然の訃報が所属事務所から報じられた。享年20歳。未来ある若者の急逝は、ネット上で大きな反響を呼んでいる。

7月13日、KISSBEEの初代リーダーだったひなちょす(鷹野日南)さんが亡くなったと突然公表。

 

2018年には「Yahoo!検索トレンドマップ2018 アイドル篇 ネクストブレイクアイドル」にも選ばれ、かなり人気があった彼女。

20歳と若く、かなりの美人であった彼女が一体なぜ突然亡くなったのでしょうか。

 

ひなちょす(鷹野日南)の死因の飛び降りはデマ?意味深ツイートも

事務所からはひなちょす(鷹野日南)さんが亡くなった死因としてまだ公表していません。

そこでネット上でささやかれているウワサをリサーチしまとめました。

 

亡くなった死因の原因として一番可能性が高いのが「飛び降り自殺」。

ファンの間では「飛び降りたのではないか?」と言われています。

というのは、ファンの目撃証言によるとKISSBEEの事務所があるビルに7月10日深夜、警察がたくさん来ていたことが報告されています。

そして、ビルの一階には「金髪の女性が倒れていた」という情報があったようです。

しかし、ひなちょすさんは金髪とは言えない髪色のため、彼女本人かどうかは不明。

もし病気であれば、すぐに報告すると思われなかなか公表ができないのはやはり自殺が原因だった可能性は高いと言えます。

ヤフーコメントには、「イベントが中止になった」といった書き込みも。

「今回の発表の何日か前にネットで騒がれてた。「事務所が有るビルの前に髪を染めた女性が倒れていて、警察が飛び降りで調べている。日南さんじゃないことを祈る。」って。そしたら全イベントの中止が発表されたから間違いないだろうってなってた。」

■「早すぎるよ、ひなちょす…」

10日の最後のツイートは午後8時24分に投稿されており、その後夜間のうちに亡くなったものと思われる。

彼女本人によるTwitterで自殺をほのめかすようなツイートをしていました。

みんながいてくれたからここまでこれたよありがとう

かなり意味深なツイートが投稿されていることが分かります。

頻繁に、笑顔の顔写真や元気なツイートを投稿していた彼女ですが、突然気が変わったかのような投稿でした。

飛び降りた場所がコチラ

飛び降りた可能性が高いとしてウワサされていますが、可能性が高いと言われている場所があります。

その場所というのが所属していた事務所の「kissbee international」だと言われています。

【住所】東京都新宿区道玄坂-10-7 新大宗ビル2号館14階

地図を見てみると車と人の数も多く、一階にはコンビニとかなりにぎやかな周辺になっていることが分かります。

飛び降りた時刻は深夜だとは言え、これだけ賑やかだと人も多く目撃した人はきっと多かったはず。

 

事務所の場所からは多くの目撃証言があったとされ、

・「7月10日、KISSBEEがある事務所ビルの一階で金髪女性が倒れていた」

・「多くの警察が来ていて、黄色いテープが張られていた」

・「検視官は、屋上などの調査をしビル関係者に確認していた」

というものでした。

以前から誹謗中傷があった

ひなちょす(鷹野日南)さんは実は以前からネットによる誹謗中傷があったとされています。

Google検索で調べてみると…

上から順に、

「死亡」「死去」「うざい」「声優」「嫌い」「活動休止」「インスタ」

活動休止というのは原因は不明ですが、日ごろから行われていた誹謗中傷による原因で休止をしていたのでしょうか。

誹謗中傷で悩んでいたか

誹謗中傷があったとされていますが、以前にこのようなツイート内容を投稿していました。

誹謗中傷とかされる側としては当たり前すぎて何も思わなくなってたなあ…それもそれで私の感覚もおかしいのか。 1番初めに言われた言葉は「鼻の下のホクロきもいwww」です。 中学生の頃の話なので、当時はかなり気にしてコンプレックスになり、結局お金を払って手術でとりました。あぁ、ホクロたん…

 

このツイートから読み取ると、中学生時代から言われ続け、芸能活動を始めるとさらに加速していったと思われます。

中学生時代から美少女だったひなちょすさんは、その美貌から友達から嫉妬だったのか女による怖い恨みを買い、中学生時代にいじめられていた。

唯一弱点だったのが、「ほくろ」だったがお金を貯め整形することでさらに自分への自信がついたが、精神的な強さはなかったのでしょう。

 

最近ではプロレスラーとして活動していた木村花さんが誹謗中傷により自ら命をたった事件がありました。

ひなちょすさんと同じく誹謗中傷に毎日悩んでいてプロレスラーといった強い女性のイメージとは反対に、仕事以外での心は一般女性よりも人一倍心、精神的に弱く残念な結果になりましたが、誹謗中傷が無くなる日は来ないのかもしれません。